【雑談】桃太郎3

オーディションが終わった後の会場には、切り落とされた首や腕、腹からはみ出た内臓、死にきれずに呻き声を上げている者が多数転がっていた。

返り血を浴びて立っているのは猿、犬、雉だけだ。
「生き残ったのは異形の者……キメラだけか」
「キメラ?」
父親が聞き慣れない言葉に聞き返す。
「俺も意味など知らん。急に頭に浮かんだんだ。これも河田という男の仕業だろう」

「おい、桃太郎、お前の言うことを聞いていれば金と女が手に入る、間違い無いな」
人を斬って興奮が収まらない犬が肩で息をしながら荒々しい様子で問いただす。
「間違い無い。最もお前らがしくじらなければの話だがな」
「仕事の内容はいつ聞けるんだ」
無表情の雉が静かに尋ねた。
「明日、俺の家に来い。そこでオペレーションBreaking Downの説明をする。その前に今日の褒美に団子をやろう」
桃太郎は懐からラップに来るんだ白い粉を渡した。
「あぶっても良いし、ポンプでも好きにやれ。ただし純度が高いから普段の粗悪品みたいにいきなり大量にはやるなよ」
全員が嬉しそうな顔をして手を伸ばした。
「こういう余録は大歓迎だ。混ぜ物無しってのは久しぶりだな」
猿が全員を見渡しながら声を弾ませた。
「良い働きをした奴には褒美としてこれからもこれを配るぞ。しっかり頼む」

翌朝、桃太郎の家に三人が集まった。
昨日の殺人のせいなのか薬物のせいなのか、全員未だに興奮が残っている。

「鬼ヶ島をやる」

全員の前に立った桃太郎は決然と言った。
思わず三人がざわつき、顔を見合わせた。
「確かにあそこには財宝が沢山あるし、女も尻がデカい良い女だらけだと聞いている……しかし防御も堅いという噂だぞ」
「正確には船着き場の防御だけが堅い、ここには武装した侍が控えている。こいつらの練度は高い」
桃太郎は動画を再生した。
「数年前、中に潜入した奴が撮影したものだ」
普段船着き場を警護している侍の稽古の様子が大型ディスプレイに映された。
剣だけでは無く長巻や槍も十分使いこなしている。
画面の下に『特別な訓練を受けています』というテロップが流れる。
「武器だけでは無いぞ」
手にオープンフィンガーグローブを付けて、グラップリングや打撃の練習も
行われており、レベルが高い。
「俺たちだけでやるのか?」
雉が静かに尋ねた。
「もっと人数を揃えた方が良いんじゃねぇのか? たった四人じゃ……」
犬の言葉に、
「臆したか」
桃太郎がからかうように言った。
「なにっ!」
気色を変えると猿と雉が止めに入る。
「勝算があるんだろうな?」
猿の言葉に桃太郎は大きく頷いた。
「全員の協力が必要だ、ここで仲間割れしている場合じゃ無い」
桃太郎はパワーポイントで作った資料を基に作戦の全容を説明し始めた。

【雑談】桃太郎1

暴虐者桃太郎を書き始めました。気が向いた時に更新します。

Xにも書いたんですが、暴虐者桃太郎の話を書きたい。

先行して同じような話があるので、ここはフランス書院風+αのテイストを入れて別物としたい。

桃太郎以外の猿、犬、雉は擬人化する。腕が立ち、人を殺すことなどなんとも思わない。
またいずれも巨根で、人間の女を犯すのが大好きである。

—————————————————————————

桃太郎の両親は毎日、「倍亜愚良」という性欲と勃起力を高める薬を飲んで性交を繰り返していた。若い頃に犯罪を犯して山奥に隠れ住んでおり、他に楽しみが無かったのだ。

やがて母親が妊娠した。

「ちっ……堕ろせよ、面倒くせぇ」

「だよね。裏の川の冷たい水に浸かっていたら流産するかも。確か『おしん』にそんなシーンがあったよ」

何の躊躇も無く川に入ると、なんと言うことでしょう。その場で赤ん坊が生まれたのです。

「おいおい、お前らが散々オマ×コを楽しんで出来たんだぜ、勝手に殺すなよ。殺される前にクセぇマ×コから出て来てやったぞ」

「えっ! こ、こんな事がありうるの?」

「目の前で起きてるじゃねぇか、さぁ家はどこだ。飯を食わせろ。俺の事は桃太郎と呼べ、頭にひらめいた」

家に着いた桃太郎は、あっけにとられる父親の前で飯をくらい始めた。

「こんな山奥に隠れ住んでるってことは、何か里にいられないことをしたんだろう? どうだ、違うか?」

「いや……それは」

「息子に隠し事をするな、何なら力になれるかもしれねぇ」

「あんたぁ、生まれ方も普通じゃないしいきなりしゃべれるし、助けてくれるかも」

父親は暫く躊躇してから重い口を開いた。

「実はなぁ、ここから遠く離れた島に財宝を沢山抱えた部族がいるんだ。男も女も体がデカくて、特に女は胸と尻がブルンブルンするくらいデカイらしいんだ。
全員サイコジェニ~さんが描く人妻みたいのがうようよいるってんだ。

すげぇだろう?

とりあえず財宝は全部頂き、若い女をさらってきて売春宿を開こうと思ったんだが仲間割れが起きちまってよ、二人ばかり殺しちまった。初犯だから死刑にはならないと思うが身柄を拘束されるのは面白くねぇ。それでここに隠れ住んで毎日マ×コ暮らしさ。腹が減ったらその辺の動物を殺して食べてるんだ、小さな畑もあるがな」

「なんとも締まらねぇ話だなぁ。その島には男が何人いて武器は何を使うんだ? 島の地図はあるのか?」

父親はニトリで買った机の引き出しから何枚かの書類を取りだした。

「島の形はGoogleEarthで確認してある。それ以外に島に行ったことがある奴から色々聞き出してここにまとめた」

「……なんだこれと言った武装もして無さそうだな……男は100人、女も同じくらいか」

「先祖伝来の財宝を守って暮らしていて、争い事はこのまないそうだ。だからろくな武器も無い。島の周りが切り立っているので、攻めるのは船着き場一カ所しか無いと思う。この部分の防御は堅い」

「逆に言えばそこ以外は手薄って事だな……仲間が必要だ、腕が立って金と女が大好きでそれを手に入れるためには俺の言うことを何でも聞く野郎だ」

「これから集めるのか? 大変だぞ」

「里に下りていって看板を立てよう。ただし報酬は作戦が成功した時に払う、失敗したら何も無しだ、その条件で良いなら雇いいれる」

「乗る奴いるかな?」

「さあな。オペレーションには名前が必要だ、焼きつくし、奪いつくし、女以外殺し尽くす。三光作戦と行きたいところだが古くさいので
Breaking down作戦にしよう。とにかくありとあらゆるものをぶっ潰すって意味だ!」

桃太郎は勢い良く立ち上がった。

「先ずはオーディションだ! 勢いのある奴を選抜するんだ、腕が怪しかったらその場で剣を抜かせて勝負させる」