【作品】官能小説家への道2

官能小説ランキング
官能小説ランキング

↑クリックお願いします

色々な官能文芸大賞に応募する前に、過去の入賞作品を読むように、というのは定番のアドバイスらしいですね。
そりゃあそうです。
学園ものがメインの所に、昭和の下宿のおばさんとの一戦の話が入ってきても上位入賞は難しいでしょう。

私は超特殊で、Webで書いていて、「え? こんなコンテストがあるの?」ですぐにファイルをエクスポートしてメールで気楽に応募したんです。

コレがもう酷いもので、作品以外に「コメントお願いしまーす」なんてのも含まれた、ようは全然編集されていないものを送ったんです。

前にも書きましたが、それまでフランス書院の本を通読した事は一度もありません。
自分の書いたものがレーベルに合うのか合わないのかなんて一切斟酌せずに送ったんですね。

一次審査が発表になったのを見たらまぁその数の多さに愕然としました。こんなにいるの? 何か二次審査でも全然減っているように見えないんですけど。

そのうち最終選考結果の発表が遅れたのでサイトを見るのを止めてしまったんですが、会社帰りに知らないアドレスからメールが来ているのに気づいて見てみると「最終選考まで残ったけど、内容がニッチすぎて三賞は無理」と言うものでした。

へー、こんな丁寧にサポートしてくれるのかぁ、と驚きました。

実はここで「じゃ止めます」という選択肢もあったんです、でも可能性があるならチャレンジしてみたいなぁと思い、今に至るというわけです。

不安もありましたが、今はやって良かったと思っています。大好きなスケベな事を考えて楽しい毎日です。

サブカルランキング
サブカルランキング

↑クリックお願いします