【作品】寝取られ母 【孕ませ懇願】

デビュー以来の作品を順番に紹介させて頂きましたが、最新作の「寝取られ母 【孕ませ懇願】」は最も思い入れのある作品です。

紙の本で三冊目ですが、思う存分時間をかけ妄想を爆裂させて好きな事を書かせて貰いました。

前の「寝取られ母【三大禁忌】」は一度電子書籍で出版したものに手を入れて発行しました。

するとどうしても最初に書いた舞台設定や登場人物の言動に制限が出てしまい、『ああ、ここはこういう台詞を言わせたい』 『こんな言動を取らせたい』 そう思っても思うように行かないんです。

でも今回は全てまっさら新規、編集部からの制限もありません。

好きなだけ書かせていただきました。

600ページ以上あるので縦に立つほどの厚みがあります。

もし最初にご覧頂くのであれば、此を読んでいただきたいです。

次回以降もこの話題続きます。