【作品紹介】 どうしてもプロットが通らない話 フランス書院

サブカルランキング
サブカルランキング

前にプロットで獣姦が通らなかったという話を書きました。

これに限らず、人ならぬモノと人妻の性交に強く惹かれています。

以前リチャードレイモンという人の作品で近しいのがあったんですが(っていうか今もあるでしょうが)そういうのを書きたかったんです。

最初に読んだ時は結構な衝撃だったんですが、今読むと実にまだるっこしい。
(なのになんだかプレミアが付いて手に入れるのが大変だった)

もっとストレートで話の展開が早いのを書きたい。

そう思って編集者に相談したんですが、ダメでした。

何故か「超能力者」モノと思われ、以前大失敗しているのでもう勘弁してくれとの事でした。

違うんだけどなーと思い、直接面談した時にも説明したんですが抵抗が強かったですね。

こういうプロットが通らなかった奴をそのうちどこかで供養したいなぁと考えています。

手っ取り早いのを考えるとKDPなんで、気が向いた時に準備でもしようかと思っています。

ああ、そうだ。

だから私は何の下調べも無しにフランス書院の官能大賞に応募しましたが、本当はこういった傾向を調べてから応募すべきだと思います。

以前受賞した後で分析結果を発表している人がいて、それはそれで何か得るものがあったのかも知れませんが、実は応募総数なんかいくら分析しても無意味で、本気でやるのであればテキストマイニングでしょう。

今のうちに予言しておきますが、必ずAIを使ってそれをやる人が出てくると思います。今でも近しい事はできますもんね。